てんむすメモ
100均雑貨、紙もの、コラージュなど好きなものを気ままにメモ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告
ダイソーのマンボウシールを某シール風に
うっかり風邪を引いてしまって、少し間が開いてしまいました。
なんかもったいぶったみたいになってしまってすみません。(笑)

前回のこのマンボウシール。

あのシールにしか見えない!ということでプチ変身させました。

じゃーん。

ペンで柄を書いただけの即席JOYシールもどきです。
手書き感全開なのはともかく、想像以上に似ていて可愛い!と自画自賛。(笑)

大きめのシールにはスタンプを。

英文がお気に入り♪
ただ若干ツルっとした紙にも関らず、普通のシャチハタスタンプ台で捺してしまいまして。
いつ乾くことやら~…。
スポンサーサイト
2013/06/05 | 作ったもの・プチリメイク | コメント(0)
mtクリスマス2009の箱を再利用
前回のmtクリスマス2009の箱。

緑の箔押しがしてあってすごく可愛いのです。(箔押し大好き!)
とはいえ箱としては用途がなさそうなので、解体してキレイなところだけ
紙素材として使うことにしました。

短冊状に切って~…

タグの完成!

説明するまでもありませんが、
角を切る→円形にパンチした紙を貼る→書類用パンチで中心に穴あけ
…で終わりです。

使うあてのある何枚かは、裏にクリスマススタンプを捺してみました。

スタンプパッドは福袋に入っていたクリスマスカラーのを使用。
紙の色的には黒の方が良かったかな~。

ちなみにこれを作ったのは先月ですが、現在絶賛行方不明中!
どんなものでも基本的に決まった場所にしまうので、失くすことはそうないのですが…。
たぶん考え事しながらどこか別の所にしまったんだろうなぁ。
近日掃除がてら捜索予定です。(笑)

にほんブログ村参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
2012/11/26 | 作ったもの・プチリメイク | コメント(0)
交換会用に作ったもの(の一部)
なついろさんとの交換会では、市販品のほかに手作り品も少し入れさせていただきました。
一部ご紹介します。

半紙シールとフレークシールもどきも入れましたが、写真撮ってませんでした。
おすそわけ企画のときとあまり代わり映えしませんね。花メモを追加したくらい。

チケットもどきは以前と色を変えて、タックシールはスタンプを変えました。

なついろさんもセリアのチケット柄スタンプお持ちだったと思うのですが、
チケット作りは楽しい反面ほとんど使わないので押し付けです。(笑)

これらはリクエストしてくださった半紙封筒に入れました。

元のペーパーテープの柄が全然写ってませんが、グレー地に白文字のやつです。
デコにはカモ井のマステ×3とフォトリップシールを使用。
(これ作って、やっぱり動物のシールを透明タイプにするのはやめてほしいと思いました。
お願いします、各メーカーさん。)

やや厚めのクラフト紙を折ってマステを貼っただけの本っぽいもので、付箋のおすそわけ。

最初クリアファイルを切って作ったんですが、付箋がポロッと取れてしまうので、
クラフト紙に変更したら自分好みになりました♪

あとは「こころばかり」の消しゴムはんこ。

和風な紙モノをいれる袋は和風にしたくて作りました。
筆ペンで書いた文字を彫ったのに、筆感が出せず無念です…。
そして己の字の下手さに絶望。
ちなみに青海波(インクが滲んでショック!)は何年か前にセリアで買ったもの。
当時は1個100円で買えるだけでありがたかったけど、
今やシリコン&シートスタンプのおかげで高く感じます。(笑)

最後に、外装はこんな感じでした。

クリスマスカラーにしてみたのですが、クリスマスっぽさはありませんね~。
このあと冬のグリーティング切手を貼って、多少は季節感出たかな。

撮った写真は以上です。
記録用に市販品も全部撮っておこうと思ったのに、完全に忘れました。(笑)
全体像は なついろさんがブログに載せてくださっています♪
(記事はこちらこちらです。)
なついろさん、ありがとうございました~!

にほんブログ村参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログ コラージュへ
2012/11/22 | 作ったもの・プチリメイク | コメント(0)
セリアのラベルシールで空き瓶プチリメイク
以前、3COINSの付箋でオイスターソースの空き瓶をリメイクしましたが(↓これ)

…飽きたので引っぺがしました。(笑)
新たに目をつけたのはセリアのアンティークラベルシール
中でも長方形のが瓶にちょうど良さそうで、最初からこれは瓶に使おうと決めていました。

アンティークシールといっても、新品感は拭えないので、
ここはまた一つ覚えでコピックの出番。

薄汚れた感じに着色しました。写真だと分かりにくいですね。

あとは貼るだけ。シールなので楽々です。

ついでにもうひとつ、バニラエッセンスの空き瓶にも!
この瓶の形好きだな~♪
本当は口の部分も何かで飾りたかったんですが、上手くいかなくて諦めました。

ラベルシール、「おめでとう!」とか書いてあるけど気にしない!(笑)

元々瓶は大好きだけど、こういうプチリメイクすると、もっとたくさん並べたくなりますね。
…まずは整理整頓しないと置く場所がありませんが。(笑)

にほんブログ村参加中
にほんブログ村 雑貨ブログへ
2012/10/11 | 作ったもの・プチリメイク | コメント(3)
フレークシール用リフィルの作り方
先日載せたフレークシール収納用リフィルの、詳しい作り方をご紹介します。

【用意するもの】
・トレーディングカード用クリアポケット(ダイソー)
・ハンディシーラー(ダイソー)
・定規、カッター、ハサミ、カッターマット代わりの厚紙など

今回は元の1ポケットを6分割にしますが、お手持ちのシールに合わせてくださいね。
「小さいシールなら6分割、大きいものは2~4分割」程度の認識でいいと思います。
先日の記事で「6等分にあらず」と書きましたが、きっちり等分するより
大きさに微妙な差がある方が、収納する時に融通が利くためです。
測るのが面倒というのもありますが。(笑)

【1】表1枚にカッターで切込みを入れる

・青い部分=シールが入る部分
・点線=フタとして元々ある切込み
・黒線=カッターで入れる切込み
・円=シール

元々の切込みがある面を表にして、黒線の部分を表1枚のみ切ります。
ポケットの中に厚紙でも入れて裏まで貫通しないようにしてくださいね。
黒線より上の部分がフタになります。
位置はまぁ適当でいいのですが、右の円のように黒線より下にシールが納まってしまうと
フタの意味が無くなってシールが飛び出しますのでご注意を。

【2】ハンディシーラーで赤線部分を接着する
まず横線からやった方が作りやすいかなと思います。

ハンディシーラーは「挟んで3秒→そのままスライドして密封」が本来の使い方なんですが、
今回はホチキスで留めるように「挟んで3秒→離す」を繰り返して使っています。
・隙間を作るとシールの尖った部分などを差し込めて融通が利く
・スライドさせると斜めになりやすい
・スライドでは接着出来ない時が頻繁にある
…という理由からです。
3つ目は、先日の「シーラーを本来の用法で使うにはオススメしない」発言に繋がります。
いくつもリフィルを作っていくうちに、明らかにシーラーがダメになりつつあります。
(熱線に被せてある布みたいなのが焦げてきてるし。笑)
リフィル作りや、ラッピング等で一部留めるには充分ですが、
食品保存等で密封用に買うのはやめた方がいいですよ。
スイッチが無くて電池入れっぱなしに出来ないので、日常的に使うのは面倒ですしね。

【3】ハサミで切込みを入れる(先ほどの写真の青線部分)
こちらも表1枚だけ。
最初にカッターで入れておいてもいいんですが、私はカッターだと切りにくいので
後からハサミでちゃちゃっとやります。

【完成!】

こういうシールなら、ハンディシーラーでの接着部分は
かなり隙間があっても大丈夫なので、より楽に出来ます。
フェイバリットシールのタツノオトシゴのような細いものは、隙間に はまって厄介です。笑)

あ、このあと次ページの透け防止策として、裏にマステでコピー用紙を貼りました。
耐久性はなさそうですが、汚くなったら貼りかえればOK♪

フォトリップのインコは、一見6分割で入りそうで、入らないのが多数あり。悔しい…!

なので4分割と6分割を混在させたリフィルへ。
作り置きしておくなら、一部分割を変えたものも作っておくといいかもしれません。

小さいものは6分割を更に縦に仕切ったりもしています。

同じセットのシールでも大きさにバラつきがあったりするので、
作り置きの仕切りは横線までにして、実際収納する時に縦線をつけた方が
無駄がないのでは…と、すでにいくらか予備を作ってから気付きました。

いつもながらグダグダ長い説明ですみません。お粗末さまでした。

にほんブログ村参加中
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
2012/10/07 | 作ったもの・プチリメイク | コメント(11)
| HOME | Old>>
プロフィール

Author:てんむす
百均・紙物・文具・マステ等が好きな静岡県民です。
メールフォーム

ブログや記事へのリンクはご自由にどうぞ。(本文・画像の引用、転載はご遠慮ください。)

カテゴリ

サブカテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSS

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。